賃貸探しの心得

賃貸の大家さんに支払う敷金や礼金とは

image

日本の賃貸には敷金や礼金を大家さんにお支払する習慣があります。敷金は万が一借主が家賃を滞納したときやお部屋に修復が必要になったときの保証金と言った役割があります。特に家賃を滞納したことが無く、お部屋の修復が不要であれば退去するときに全額返還されるのが基本です。

日常生活をお部屋で過ごしていればどこかしら、傷みは生じるものです。大家さんからこの部分は修復が必要なので敷金から差し引いておきますと言われることが多いです。

しかし借主が日常生活を送った上での傷みや経年劣化による傷みの場合の修復は大家さんに義務があると最近では考えられています。契約書に原状回復について書いてある部分をよくチェックしてからサインして下さい。

礼金は大家さんにお部屋を貸してくれて有難うとお礼の意味でお支払する役割があります。敷金と違って基本的には返還されることは無いです。太平洋戦争が終わった直後は空襲で賃貸が焼けてしまい、住む場所が少なかったために生まれた習慣と言われています。

現在では住む場所に困ることは少ないですがそのまま習慣だけが残っています。地域によっては礼金の風習が無い場合がありますが、敷金は保証金と言った役割がある関係で、なしと言うわけにもいかないです。

敷金や礼金は地域によっても相場が異なりますが、家賃1か月分から2か月分であることが多いです。敷金の場合は西に行くほど相場が高くなる傾向が見られます。低い地域では家賃1か月分、高い地域では家賃3か月分から4か月のところがありかなり差があります。

その他にも返還されないお金として不動産会社にお支払する仲介手数料があります。仲介手数料は家賃の1か月が相場で不動産会社によって異なります。礼金0円と言う賃貸を仲介している不動産会社もありますが、その代わりに仲介手数料が高めに設定されていることがあります。敷金や礼金や仲介手数料を合わせると家賃によってはかなり高額となります。家賃だけで考えていると後が大変になるので事前にこれらの初期費用のお支払分も考えることが大切です。