賃貸探しの心得

賃貸住宅を借りる際に発生する「礼金」について

賃貸住宅を借りる際、敷金・礼金などの費用が発生する場合が多いと思います。まず敷金とは、大家さんが契約時から退去時まで預かっておいて、退去時の原状回復や家賃滞納などの場合に使われるお金です。次に、礼金は大家さんに対するお礼の意味合いが強いお金です。つまり慣習的なお金と言えます。昔は、大家さんと借主さんの接点が多く、今に比べると賃貸できる物件の数も少なかったためと言われています。

しかし、現在では、そういった意味合いはもはや失われたと言っていいでしょう。

image

現在の礼金は、ほぼ不動産屋さんが受取っているといわれています。宅地建物取引業の法律では、賃貸住宅の仲介手数料は「取引した物件の家賃1ヶ月分」が上限と決められています。そして、この報酬は「仲介する不動産業者が何社いても1ヶ月」この上限は変わりません。不動産業者が賃貸物件の入居者募集を行っても、別の不動産業者が連れてきた場合は法律通りにするならば1ヶ月分を半分ずつに分けることになります。50000円の家賃であれば、それぞれ25000円ずつとなります。しかし、不動産屋によっては礼金を「広告費」として求めたりしてきます。

こうなれば、不動産会社が例え2社いたとしてもそれぞれ1ヶ月ずつの収入になります。

これが、現在では当然の様になっています。例えば、大家さんとは敷金は2ヶ月で礼金無しで打合せしていても、広告では「敷金2ヶ月・礼金2ヶ月」となっていたりします。仮に借主さんから問合せが来ても「大家さんがそう決めているので・・・」といった営業をする業者までいます。これには、礼金を大家さんに払っているものと思っていた人はびっくりしているのではないでしょうか。

最近では、大家さんでさえも礼金を貰えることすら知らない人がいるそうです。更に驚くのが、インターネットサイトなどで不動産業者から大家さんへ「1日でも早く入居者を入れたいなら、礼金などを何ヶ月か不動産会社に払いましょう。」なんていうアドバイスが公開されている事さえあります。借りる際には注意してください。可能であれば、大家さんと直接話すことが出来れば良いと思います。